ふくらはぎを動かす運動で美脚を手に入れよう

脚のむくみは、血行不良が原因でおこります。血液は重力の影響で下へ下がりやすくなっています。そのため、もともと脚は血液がたまりやすくなっているのです。下へ下がってきた血液を上にあげるには、ふくらはぎの筋肉を動かす必要があります。ふくらはぎの筋肉は「第二の心臓」と言われるほど、血液循環には欠かせない筋肉です。ふくらはぎの筋肉を動かすことで、下へ下がってきた血液を上え押し返すことが出来るのです。そのため、長時間座りっぱなしや立ちっぱなしなど、同じ姿勢をしていると、ふくらはぎの筋肉を動かすことができず、脚はむくんでしまいます。

ふくらはぎを動かす

脚のむくみを改善するためには、ふくらはぎの筋肉を動かす必要があります。重力の影響で下へ下がりやすい血液を、ふくらはぎの筋肉を動かし上へ押し返しましょう。ふくらはぎの筋肉を動かすのは、特に難しいことではありません。ふくらはぎの筋肉は、ただ歩くことで動きます。一日20分~30分程度歩くだけで、脚のむくみは改善されます。しかし、歩く時間を増やすということは、忙しい現代人にとってすこし難しいことかもしれません。歩く時間が増やせないという人は、意識的に足首を回したり、前後に動かしたりししょう。それだけでもふくらはぎの筋肉は動きます。また、脚のむくみは男性より女性に多くみられます。その原因の一つとしてあげられるのが、筋肉不足です。脚の筋肉は体全体の70パーセントもしめています。足の筋肉が少ないと体全体の筋肉量も減り、むくみやすくなります。

筋肉をつけて血行不良と筋肉不足を解消!

美脚に欠かせないのは、運動です。脚のむくみは、血行不良と筋肉不足が原因で引き起こされます。それを防ぐために、運動を行いましょう。運動と言っても筋トレのような激しい運動ではありません。筋肉をムキムキにつけたいのなら筋トレをお勧めしますが、美脚を目指すならムキムキとした筋肉は不要です。しなやかで美しい筋肉をつけましょう。そのためには、1日20分~30分程度の軽いウォーキングをお勧めします。ウォーキングをすることで、体全体の血液循環がよくなりますし、しなやかな筋肉がつくことで、むくみが解消されます。また、ウォーキングには歩き方も重要です。ドカドカ音を立てるように歩くと脚に無駄な負荷がかかり、がちがちに固まった筋肉になってしまいます。ウォーキングを行う際には、かかとから着地しつま先で地面をけるように足の裏全体を使うように歩くことでしなやかで美しい筋肉をつけることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です