ボディークリームを塗ってマッサージをしてくむみを解消

立ち仕事の時もそうですが、デスクワークの時も人の足はむくみます。ずっと同じ姿勢をしていると体内での体液の循環が悪くなり、重力により水分が下に溜まってしまうのがむくみの原因です。また塩分の取り過ぎや筋肉量の低下により足がむくみやすくなることもあります。睡眠不足による自律神経の乱れも原因の一つとされています。これらの足のむくみは横になると水分が横に流れていくので朝起きた時には改善していることもあります。

体を温める

お風呂に入る時、シャワーで済ませるのではなくきちんと湯船に浸かる。そうすることにより体内の巡りを良くすることができる。入浴中の空いた時間で足を軽くマッサージするのも効果的。お風呂から上がったらストレッチをする。ふくらはぎを痛気持ちいいところまで伸ばす。そしたら足を曲げ、ふくらはぎを下から上に指の腹でぐっぐっと押していく。痛いところを見つけたら強く押していく。両手を輪のようにして足首から太ももの付け根まで流していく。ふくらはぎのむくみが辛い時も、ふくらはぎのマッサージだけで終わらせずきちんと太ももまでほぐして血液の循環を良くすることが大切。あとは足を壁につけてあげたり、就寝時に着圧ソックスを履く。

ボディークリームを塗ってマッサージ

毎日マッサージをする。お風呂上がりに市販のボディークリームを塗ってマッサージすることによって、むくみも防ぎボディークリームによって乾燥も防ぐことができる。片足10分くらいかけて丁寧に行う。また運動も大切。ある程度筋肉をつけてむくみにくい足をつくる。たとえばぺたんこ靴とヒールを交互に履き替える、しっかり足を使って歩く、家で軽いスクワットをするなど。またまっすぐな足をつくるために足は組まない、就寝時にネクタイ等で足をまっすぐに縛って寝るなど。塩分の多い食事をしているとむくみの原因となるので塩分の取りすぎに注意する。とくに就寝直後にしょっぱいものは食べない。あまりにもむくんだ日は寝転がって足を上にあげて過ごします。

シェイプヴィクトリーの口コミはこちら>>

マッサージでリンパの流れを良くする

心臓から遠い位置であるがゆえに浮腫みやすい脚。重力の関係で足に水が溜まりやすいことが原因の一つです。ずっと立ちっぱなしだったりすると、血流が悪くなり、脚がむくんでしまうと思われがちですが、デスクワークなどの座り仕事も同じ姿勢ですので、血流が悪くなり、脚は浮腫みやすくなります。脚の組織液(水分を含む血液、リンパ液など)の循環が悪くなり、細胞のすき間などに水分が停滞するからだと言われています。また、中高年で足の筋力が低下しても脚は浮腫みやすくなります。

ウオーキングで脚を動かす

ふくらはぎやももの筋肉が弱ると、血液などの流れが悪くなり、むくみやすくなるため、ウオーキングや散歩などで、よく歩くことを心がけています。平日に運動することは難しくても、通勤の際にエレベーターやエスカレーターの利用を避けて、階段で上り下りをするよう心がけています。なぜなら、脚の筋肉をよく使うので、血行などの改善に効果的だからです。食事も脚を浮腫ませないために心がけなければいけないことがあります。夜食や間食をなるべく控え、バランスの取れた食事を規則正しく食べることです。肥満を防ぎ、血圧や血流に負担を与えない食生活をする必要があります。症状がつらい時には外用消炎鎮痛剤(湿布や塗り薬)や、弾性ストッキングを用いて足のだるさやむくみを軽減する方法もあります。

マッサージでリンパの流れを良くする

マッサージが効果的と言われています。それも、揉むのではなく、なでるようにしてリンパ液の流れを改善することが大切です。リンパ液には老廃物を運搬する働きがあり、脚の疲れをとる効果もあります。また、夜寝る前に心がけているのが、筋トレやストレッチです。特に脚の先を動かすと、ふくらはぎの筋肉も動き、血液などの流れがよくなるので、1日1回はするようゆ心がけています。お風呂で湯船に浸かりながら脚先を動かしたりします。お風呂から上がったら、いすに腰かけた姿勢で、かかとを上げ下げしたり、かかとを床につけて、つま先を上げたり、伸ばしたりする運動をしています。どれをするにしても、水分を多めに摂取することを忘れないことが大切です。

ふくらはぎを動かす運動で美脚を手に入れよう

脚のむくみは、血行不良が原因でおこります。血液は重力の影響で下へ下がりやすくなっています。そのため、もともと脚は血液がたまりやすくなっているのです。下へ下がってきた血液を上にあげるには、ふくらはぎの筋肉を動かす必要があります。ふくらはぎの筋肉は「第二の心臓」と言われるほど、血液循環には欠かせない筋肉です。ふくらはぎの筋肉を動かすことで、下へ下がってきた血液を上え押し返すことが出来るのです。そのため、長時間座りっぱなしや立ちっぱなしなど、同じ姿勢をしていると、ふくらはぎの筋肉を動かすことができず、脚はむくんでしまいます。

ふくらはぎを動かす

脚のむくみを改善するためには、ふくらはぎの筋肉を動かす必要があります。重力の影響で下へ下がりやすい血液を、ふくらはぎの筋肉を動かし上へ押し返しましょう。ふくらはぎの筋肉を動かすのは、特に難しいことではありません。ふくらはぎの筋肉は、ただ歩くことで動きます。一日20分~30分程度歩くだけで、脚のむくみは改善されます。しかし、歩く時間を増やすということは、忙しい現代人にとってすこし難しいことかもしれません。歩く時間が増やせないという人は、意識的に足首を回したり、前後に動かしたりししょう。それだけでもふくらはぎの筋肉は動きます。また、脚のむくみは男性より女性に多くみられます。その原因の一つとしてあげられるのが、筋肉不足です。脚の筋肉は体全体の70パーセントもしめています。足の筋肉が少ないと体全体の筋肉量も減り、むくみやすくなります。

筋肉をつけて血行不良と筋肉不足を解消!

美脚に欠かせないのは、運動です。脚のむくみは、血行不良と筋肉不足が原因で引き起こされます。それを防ぐために、運動を行いましょう。運動と言っても筋トレのような激しい運動ではありません。筋肉をムキムキにつけたいのなら筋トレをお勧めしますが、美脚を目指すならムキムキとした筋肉は不要です。しなやかで美しい筋肉をつけましょう。そのためには、1日20分~30分程度の軽いウォーキングをお勧めします。ウォーキングをすることで、体全体の血液循環がよくなりますし、しなやかな筋肉がつくことで、むくみが解消されます。また、ウォーキングには歩き方も重要です。ドカドカ音を立てるように歩くと脚に無駄な負荷がかかり、がちがちに固まった筋肉になってしまいます。ウォーキングを行う際には、かかとから着地しつま先で地面をけるように足の裏全体を使うように歩くことでしなやかで美しい筋肉をつけることができます。

脚のストレッチで血行をよくする!脚に筋肉をつけよう

脚のむくみの原因は同じ体勢や姿勢でいることが原因です。

人間の血液は、心臓というポンプの力を借りて全身へと送り出しています。

体に不要な老廃物を含んだ血液やリンパ液はなかなか心臓へは戻らないのです。

水分がたまる事でむくみが起こる

脚のリンパ液や血液の循環が同じ姿勢でいることによって循環が悪くなってしまい、細胞の隙間などに水分が停滞してむくんでしまうというのです。

疲れが溜まったときや、睡眠不足でも脚のむくみは起こりやすくなるようです。

脚のストレッチで血行をよくする

むくみがひどい場合は、改善するためにいくつか方法があります。
私がオススメする改善方法はストレッチをすることです。
靴を脱いだ状態で、座り脚を伸ばします。
そして脚をぴーんと伸ばしたり、足首をぐるぐると回してみてください。
そうすることによって、脚の血行がよくなったり、リンパの流れがよくなるはずです。
むくみを感じてしまう前にマメにすることで、むくみによる痛みは回避することができますよ。

筋肉をつける

またもう1つオススメなのは運動をすることです。
筋力の低下によってもむくみは起きてしまうので、ウォーキングで脚の筋力を養うことはとっても重要なことなのです。
運動をするとむくみも治まりますが、根本的な解決をするためには、運動を続けることが必要です。

リンパマッサージが重要!

リンパの流れが悪いとどうしてもむくみに繋がってしまいます。
そのまま放っておいてもいいことはありません。
日々空いた時間が少しでもあれば、リンパマッサージをしておくだけで美脚は作れるのです。
マッサージの方法は慣れてしまえば、とっても簡単にすることができます。
足の指から足首、ふくらはぎ、ふとももと下から上へ順番にマッサージしていきましょう。
忘れてはいけないのはリンパ節であるひざ裏をプッシュすることです!
これをするとつま先からふくらはぎまで滞っていたリンパが上へと押し上げてくれるのです。
足の付け根にもリンパ節があります。
最後は足の付け根にあるリンパ節のマッサージも忘れないようにしましょうね。
マッサージは身体が温かい状態だと効果をもっと発揮するみたいなので、お風呂上がりなどがいいかもしれませんよ。

歩く事で美脚効果がある!むくみを解消!

脚がむくむのは、立ち仕事などで一日中立ちっぱなしで、体の水分が脚に集中するからです。

一日中立ちっぱなしはむくみの原因

私も、以前自動車部品の工場で働いていた時、一日中立ちっぱなしで、しかも夜勤で、仕事が終わった後は、靴下の後がくっきりと付くくらい脚がむくんでいました。同じ立ち仕事でも、動きが有れば、まだ脚のむくみもそこまでひどくはならないと思うのですが、同じ位置で同じ体制で一日中立ちっぱなしだと脚もむくんできます。脚のむくみは本当に辛いです。

血行を良くする靴下

私は、靴下のゴムがきつかったので、ゴム無しの靴下をスーパーで買ってみました。
それと、脚の血行を良くする靴下をドラッグストアで買いました。脚の血行を良くする靴下は、家に帰って、お風呂から上がって、しばらく1時間くらい履いていました。血行を良くする靴下の跡がくっきりと付きました。何もしないよりは良かったと思います。

ゴム無しの靴下はゴムの跡は付かなくなりましたが、脚の水分がゴムの位置より下がって、今度は足の指先に激痛が走り出しました。我慢できず、整形外科に行きました。足のレントゲンを撮りました。

骨には異常が無く、お医者さんが「「脚の血行が悪くなっています。」と言われ、脚の血行を良くする体操を教えてくれました。

歩く事で美脚効果がある

美脚を保つには、歩くことが大切だと思います。動かないと脚もむくんできます。マッサージをしても良いと思います。仕事で動き回ったり歩き回ったりすると脚も鍛えられます。接客業だと歩く事が多いのでお勧めです。

以前、私は喫茶店やファミリーレストランで接客のアルバイトをしていた事があります。その頃は歩き回っていたので脚もわりときれいだったと思いますが、歩く事が少なくなってからは、年齢の事も有りますが脚の形も崩れてきました。後は、スカートなどをはいて脚を見せる事も大切だと思います。20代の頃は、ミニスカートをよくはいていたのですが、30代後半になると、ミニスカートははかなくなって、ジーパンをはくことが多くなってきました。美脚を保つには歩く事と、見せる事が大切です。